完全オーガニック食べかけ写真 

mariastar.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 12日

仮設じゃない「復興住宅」

天然住宅から届いたメルマガに、気になる内容がありました。

以前、仮設住宅の設置が進んでいるというニュースを見たとき
壁になるパネルに流れ作業で次々と何かをブワーーっと
吹き付けている映像を見て
こんな家に住んで大丈夫なんだろかと心配したのだけど
実際、心配したことが起こっているようです。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201107/2011072500032&g=soc

夏はすごく暑そうで、冬はすごく寒そう…
それだけでなく、私などには、とても居ることがでいないような建材で
作られているものが多いのであろう仮設住宅。
化学物質過敏症は、頭痛や吐き気、めまいなどの症状だけでなく
なんだか、だるいとか、鬱のような精神的な症状が出る人もいます。
そこに住まなきゃいけない人たちが心配です。


メルマガより抜粋------------------------------------------------------

仮設であれ 住まい なのですから からだに悪いものであっていいはずはありません。
私たちが届けるのは「住まい」です。

次の冬までに被災地に100の住宅を届ける
仮設じゃない「復興住宅」プロジェクト。

地域の木を使い、地元の大工さんが、手仕事の技で建てる
安価で早く健康な住宅です。

被災地を応援するみなさんのお金を融通することで
住まいとお金を失ってしまった方に生活再建後まで住める
快適な住宅を届け、これからの再生を応援します。

当初の計画から変遷を経て、仮設に代わるような緊急の住宅から、
もっと長いスパンで考え、現地でのヒアリングをもとに
ニーズも広く取り入れたものになりました。
パターンも多く設け、家族構成などに合わせてご提供できます。

詳細はこちらをご覧ください。

http://www.tennenbank.org/

★地元説明会の開催が決定しました!

8/20(土) 14:00--17:00 宮城県本吉郡本吉町 平磯山 清涼院 本堂
8/21(日) 14:00--17:00 宮城県気仙沼市東中才 浄念寺 本堂

参加費 無料 定員 50名


気仙沼に直接うかがい、代表の相根自ら復興住宅の説明会を開催します。
是非、現地で住宅にお困りの方がいらっしゃいましたら、
足を運んでいただければと思います。
また知り合いに気仙沼の方がいらっしゃいましたら、お声掛けいただけたら幸いです。

詳細はこちらをご覧ください。

http://bit.ly/pQpNFv

----------------------------------------------------------------------


震災から5カ月の今日(8.11)
この「復興住宅」に出資したいとこなんだけど、、
1口5万円は、収入のない私には、ちょっと厳しい。
3万円だったら、結婚式に出たと思って!?なんとか頑張れる。。かなぁ~~
寄付とか、募金という手段もあるといいのになあ。

地域でのお金の流れまで考えた
仮設じゃない「復興住宅」プロジェクト
素晴らしい試みだと思います。

この取り組みのためには、4億5千万円の出資金が必要だそうです。

仮設じゃない「復興住宅」を被災地の皆さんに届けるため
ぜひ天然住宅バンクへの出資をご検討下さい!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-08-12 01:39 | 震災・原発関係


<< 天然住宅メルマガからもうひとつ...      無肥料栽培大豆の ホクホク (... >>