完全オーガニック食べかけ写真 

mariastar.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 24日

世界最高水準の安全性って?

国連の原子力安全に関する首脳級会合での演説で、野田首相

「事故は着実に収束に向かっている
原子炉の冷温停止状態も予定を早めて
年内をめどに達成すべく全力を挙げている」

なんてことを言ったそうですが、


小出先生によると、

冷温停止という概念は、原子炉という構造物が、
一応その構造物としては健全な形があるということを前提として
例えば原子炉圧力容器という鋼鉄製のお釜が健全で、
その中に炉心と呼ばれているウランのあるものがそこに残っている。
そこで熱を出している時に水を入れて、冷やして
100度以下にするというのが、温停止という専門用語。

東電自身が炉心はメルトダウンをしてしまって
圧力容器の底が抜けて、もうないと言っている。
そもそも冷温停止なんて言う専門用語が使えるような状況になっていない。

釜の中に、もし発熱体が残っていれば温度は上がる訳だけど
発熱体そのものがもうないとすれば、むしろ温度が上がってはおかしい訳で
100度以下になって、むしろ当たり前という事。

コレで冷温停止と呼んでいるのは、
少なくとも専門的に言うならば誤魔化しているあるいは不誠実。

9月8日 冷温停止の嘘?小出氏の解説


予定より前倒しし、年内の達成を目指すなんて
いかにも政府が全力で収束に向け頑張ってるので温度も下がってきてる
みたいな言い方してるけど、
空っぽの容器の温度が下がるのは当たり前ということです。



さらに、「原子力安全の向上に向けた各国の取り組みを支援していく」

って、こんなに人々を不安にさせ、世界中に迷惑かけている日本が
原発続けますと宣言し、他国を支援するなんて偉そうなこと言って
野田首相、頭おかしいんでね?(あら、失礼…)

国民の7割が脱原発と思っていて
19日には、6万人もの人達が「原発さようなら」って、
ものすごいデモや、すばらしいスピーチして、
原発はいらないんだって意思表示してるのに。
国民の思いは全く無視した、勝手な国の方針を世界にアピールしてくれるな!

9・19「さようなら原発集会」~6万人が参加


世界最高水準の安全ってのは、どの程度の安全なんでしょう?
例えば全く本当に100%安全があるとして
今の水準が実はたった40%くらいだとしたら、
日本が50%の安全になっても、世界最高水準って言えるよね。
世界最高水準ってどのくらい安全なんでしょうか??

そして、100%安全だとしても

私たちが原子力をやることで生み出している核分裂生成物というのは
生み出すことはできるけど、無毒化ができないゴミ。
その蓄積量は、すでにとてもつもない量。
処理も再利用もできないってわかったのに、これからもさらにそのゴミを出し続けて
私が使う電気のゴミを、子供の子供の…後世の人に押しつけるなんて、すごいイヤです。



電気を作るのは、原子力なんかじゃなくて、全然いいのに。
そんなに、原発が、核兵器が必要なんでしょうか。

すっかり原発推進表明をした政府に、
ずるずる持って行かれないようにしなくては。

これまで以上に脱原発を訴えていかないと。


いまいちど、小出先生のお話を。是非。

1/8 11/08/27小出裕章氏 原子力のない未来をめざす市民集会@台東

原発がどれだけ大量の核分裂生成物を生み出しているかや、3月中旬投以降に飛んできた放射性物質の話など。

2/8 11/08/27小出裕章氏 原子力のない未来をめざす市民集会@台東

福島原発事故の本当の被害の大きさ、避難による生活の崩壊の話。
日本で唯一のウラン鉱山・人形峠では、
微々たるものしか掘りだせなかったウランのために、人形峠周辺には、
ウランで汚れた放射能の放射能のゴミが大量に野ざらしで捨てられ、
国は日本の中ではどこにも持っていけないウランのゴミを
アメリカの先住民が白人に虐殺されながら押し込められた居住区にある
ホワイトメサ精錬所に持って行って捨てたという話。


3/8 11/08/27小出裕章氏 原子力のない未来をめざす市民集会@台東


事故がなくても悲惨な原子力。無毒化できない核分裂生成物の話。
そのゴミ埋める地層処理の場所、国内にみつからないから
モンゴルに持ってちゃおうとか考えているって話。


4/8 11/08/27小出裕章氏 原子力のない未来をめざす市民集会@台東

放射能のゴミに関しては国が責任をとるという、日本の国の歴史は2671年。
に対して、私たちが短期間に作った後世に残す高レベル放射性廃棄物のお守は100万年。
このことだけ考えても原子力なんか絶対やってはいけないという話。
石油はあと何年?の話。

5/8 11/08/27小出裕章氏 原子力のない未来をめざす市民集会@台東

高速増殖炉ができなければ原子力はエネルギー源にならない。
核燃料サイクルというかなわない夢の話。

6/8 11/08/27小出裕章氏 原子力のない未来をめざす市民集会@台東

高速増殖炉をあきらめない最後の理由→超優秀な核兵器材料
「平和利用」を標榜して技術を持ってしまえば、
いつでも軍事的に使うことができるという話。

7/8 11/08/27小出裕章氏 原子力のない未来をめざす市民集会@台東

年齢による放射線のリスクの差。子供はリスクがものすごい高く、
そして彼らには、原子力を許した責任は一切ないという話。
質疑応答。
○北茨城で情報が少ない、このまま住み続けていていいのか。
○溶けた地下核燃料が地下に行って地下水と反応して、現場の敷地内で
 地面の割れ目から、放射能まみれの水蒸気があふれ出ているという海外の報道。
 そういう可能性あるのか。
 8/1に構内で1万ミリシーベルトが検出されているというニュースあったが
 この2つは関係性あるのか。
○チェルノブイリの時。奇形児の数多かったが、
 奇形児になる遺伝子を傷つける放射性物質は何なのか、それは福島からも出ているのか、
 出ているなら日本で奇形児が出るのは何年後になるのか。と、子供の質問。


8/8 11/08/27小出裕章氏 原子力のない未来をめざす市民集会@台東

質疑続き
○今のような活動これからもして頂けるかという質問に
 今、福島で子供たちが汚染地帯の中で生きていることを思えば
 やる以外ないと思うので、力の続く限りはやりたいとおっしゃっています。
○被曝をした時に異常を感じられるかというのは個人差がものすごく大きい。
 化学物質過敏症、電磁波過敏症という人もいるわけだし、
 放射線に関する感受性も、ものすごい個人的な差があると思うという話。


良く聞こえなかった忌野志郎さんのLOVE ME TENDER はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=7E6huKlEjl0


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-09-24 21:59 | 震災・原発関係


<< おろぬきの恵み      紅玉林檎のシャーベット >>