完全オーガニック食べかけ写真 

mariastar.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:食べかけじゃない話( 35 )


2011年 09月 06日

きゃは♡おじぎ草咲いた~

f0176752_10542916.jpg





















今朝、カーテン開けたら、3つ咲いてました。
嬉しいな~ ( ' v ' )


種蒔いたのに、なかなか出てこなくて
間違って、蒔いたプランターに、他の野菜の種とか蒔いちゃっただろか…と
行方不明になってたおじぎ草。

どうやら、種蒔きの時、上に土かけすぎたらしく、
だいぶ遅れて、やっと出てきて、さらに遅れて、下から下から次々発芽。

でも、花芽は、なかなかつかず、
今年は花は無理かな~と思ったら、、、

数日前、(*v*) 花芽発見!


今年もかわいい花、次々いっぱい咲きそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-09-06 11:15 | 食べかけじゃない話
2011年 08月 29日

原坊の朝顔

f0176752_16575284.jpg





















青い朝顔が見たくて、種を探していたら、わりと理想に近い色のがあって
それが、コレ。サザンオールスターズの、桑田夫妻が広めたという「原坊の朝顔」
送料だけでわけて頂けるということで、これにしてみよう~と、
蒔き時ギリギリに、種をお願いしたたのでした。

猛暑の時は、葉っぱがヘニョヘニョになったりもしてましたが
少し涼しくなってきて、花を次々咲かせています。
朝顔って実は、秋の花なんですよね。

笹?の支柱じゃ間に合わなくなって、急遽、家にあったネットをつけたので
網目が細かすぎて、からみにくそうです。(^^;)

f0176752_16583730.jpg





























始め花が、ちょっとしか咲かず、しかも、写真で見たより、だいぶ紫で、
私が見たかったのと違う~~~(;_;)
と、ややがっかりしたのだけど、、、↓こんな色

f0176752_1753674.jpg





















いつの間にか、理想に近い青い色に。
よく見るとグラデーションがとても綺麗。
花径5~6㎝くらいの、ちょっと小さいかわいい花です。(^-^)

f0176752_1755022.jpg





















「『原坊の朝顔』のストーリーのページ」というのがあったので→コチラ

別のサイトによると、、、
ファンの間では、「この朝顔を育てた年に子宝に恵まれた」などのエピソードも多く、
「幸せを呼ぶ朝顔」とのジンクスもあります。
とか。。



土をかけすぎたらしく、発芽が遅れた、おじぎ草は、いまだ花芽がつかず。
今年はかわいい花が見られないかもしれないなぁ。。。

f0176752_16585165.jpg















にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-08-29 18:01 | 食べかけじゃない話
2011年 08月 12日

天然住宅メルマガからもうひとつ。化学物質過敏症のこと。

「化学物質過敏症知ってね映画祭」のことが書かれている
天然住宅の7/12のこちらのブログも良かったです。
是非ご覧ください。

http://tennenjutaku.seesaa.net/article/214455869.html

抜粋-----------------------------------------------------------------

化学物質過敏症になる最も多い原因は、新築・改築です。

人は1日で、食べ物・飲み物の5.5倍の‘重さ’の空気を体に取り込んでいます。
その中でも大半の時間を過ごす家は、良い空気でなければいけません。
ところが、現在ほとんどのハウスメーカーが建てる家は化学物質だらけで、
CSの方は住めません。

CSの方には是非、天然住宅を知っていただき、
化学物質を含まない住宅に住んでいただきたいと切に願います。

一方で、一度化学物質過敏症になってしまうと、化学物質を含まない
杉やヒノキの無垢の木材にも反応してしまう方もいらっしゃいます。
木材特有のニオイがダメなんだそうです。

だから一番重要なのは、過敏症になる前に健康な住まいに住むことです。
今回のイベントで、一人でも多くの方に知っていただけたら幸いです。
-----------------------------------------------------------------


本当にそうです。
だからこそ、不健康そうば仮設住宅でなく
過敏症なんかにならないような、住宅を被災地に…と思います。

今、日本で急速に広まっているネオニコチノイド系の農薬の危険性を報告する映画
「ミツバチからのメッセージ」の解説も良かったです。


-----------------------------------------------------------------

この農薬はまだ日本に来たばかりです。まだ症例も新しいし、
本当の被害は10年後かそれ以降に初めて顕在化します。
加えて、発症者の数が明らかに増えたとしても、
その因果関係は証明することは容易ではありません。

その証明をもって、初めて正とするのではなく、
我々はそろそろ学ばなくてはなりません。
放射能、地球温暖化、化学物質過敏症・・・事が起こってからでは遅いのです。

我々が採用すべき基準、それは「予防原則」です。

証明を待つのではなく、現象が起こった時点で対処しなければいけない。
自分や家族を守る行動を、声をあげることをしていくことが必要です。


最後のビデオレターにとても良いものがありました。
化学物質過敏症を専門に扱っているクリニックの先生の話です。

その中で、CSではない方々へCSにならないようにアドバイスはありますか?
という問いに対し、

「CSの方が嫌がるものを避けて、いいものを選んでもらってください。
彼ら彼女らの生活を真似すれば自ずと自分を守ることになります。」というのです。

確かに、見方を変えれば過敏症は特殊能力に近い。
放射能も感じているという方もいらっしゃいます。
電話がかかってくる前に、それがわかるという方もいらっしゃいます。
彼らが嫌がるものは我々も潜在的に受け入れないもの。
受け入れるものは我々が欲するものです。

CSの方は、我々に警鐘を鳴らすだけではなく、行動を規定してくれる。
まさに予防原則の体現者、この危険性にあふれる世の中にあって、
救世主なのかもしれないのです。
-----------------------------------------------------------------


みんなが、こんな風に思ってくれると、もっと生きやすいのだけどなあ。。
でも、実際には家族に理解してもらうのもなかなか難しかったりします。

何をするときも常に、
今ここの空気をすっていて大丈夫か?
これを食べて大丈夫か?
このかすかに感じる臭いは何だ?
そんな心配をしなくていい人は
今の世の中で普通にある便利や、普通~にしている生活や食を
見直す必要があるかも…なんて、考えないでしょうから。

私は、だいぶ過敏度が下がって、以前のように、
怯えるくらいに心配するようなことはなくなっていますが
今は、↑の心配に、新たに放射能の心配が加わり、
コレは、臭いも全くないため、とてもわかりにくく困ります。
食べ物に含まれているわずかな(ほんとにわずかなのか?)放射性物質にもやはり
過敏反応が出ます。しかもただちに。

将来の影響はわからないけど、
今出る放射能による反応より、農薬や、除草剤や合成洗剤や柔軟剤の臭い
その他アレやコレやソレの方が、反応激しかったですが。。

ぜひ、この点を考えて、日ごろ使っているもの、食べているものについて
放射能と同じように、気にしたり、疑ったりしてみてください。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-08-12 01:58 | 食べかけじゃない話
2011年 05月 31日

まんず、遺伝子組み換え嫌だなぁど思ったら、

前の日記で、何で自家採取の種使えなくなっちゃうのかわからないけど…
と書きましたが、そういえば、以前、自然交配した菜の花が、
線路脇とかに自生して、大きな菜の花がどば~っと生えている
といった記事を見たのを思いだしました。

そして、自家採取でやっていた農家が、
近くで作られていた遺伝子組み換え作物と自然交配してしまい
自分のところの作物も遺伝子組み換え種になってしまったのに
逆に種子会社から、特許侵害で訴えられ裁判になっている…
といったことも書かれていた。。。そうか、アレのことだな、

と、その辺のキーワードで検索してみたら、いっぱい出てきました。
内容はこちらのブログがよくわかります。

この被害者のはずの農家を訴えちゃうのが、
今回申請出してる会社のひとつ、モンサント社。

うちの家庭菜園で、種が使えなくなっちゃうかも~
なんてことじゃくて、コレは大変です。


申請している植物(セイヨウナタネとワタ)
何に有効な遺伝子組み換えかっていうと、除草剤グリホサートへの耐性。
コレは日本でもよく使われてる除草剤ラウンドアップのこと。
コレ作っているのもモンサント社。

ラウンドアップに限らず、多分他の除草剤でもそうなんだろうけど
その危険性がこちら↓からよくわかります。
やはり、心配した通り、ラウンドアップに代表される除草剤の大量使用は、
環境破壊の原因となることが危惧されるばかりでなく、
人体への影響も懸念されていることが書かれています。
こんなものが、バンバン使われるようになっては困ります。是非見て下さい。

除草剤耐性作物に使用される農薬はこんなに危ない

また、ラウンドアップを散布された大豆は、その成分に変化を起こすことが疑われているそうです。

・大豆には、ガンの抑制効果があるとされる、イソフラボンという
 植物エストロゲンの一種が含まれているが、ラウンドアップ耐性大豆のイノフラボンは、
 通常の大豆に比べて12%から14%も少ない。
・ラウンドアップの残留している大豆では 化学反応によって植物エストロゲンが
 異常に増加してしまい、逆に発ガン牲を高める危険性があるとドイツの科学者らは警告している。


こちらのブログの方も、上の裁判の件を自分に置き換えて、

例えば遺伝子組み換えトウモロコシを栽培いしている農家のとなりで、
トウモロコシを作ったとする。
それが風で、花粉が流れてきて、私のトウモロコシが汚染されてしまったとする。
私が隣の農家を訴えたいのが普通だ。所が、私が訴えられる事になるのだ。
交雑してしまったトウモロコシを自家採種して、播くととすると、当然、
遺伝子が組みかえられている。
それを、モンサント社が特許権の侵害であるとして、訴えてくるのだ。
これが実際に裁判で私が負けているのだ。

アメリカのモンサント社の、種苗及び農薬独占のシナリオ。
妙な物を作っておいて、ふざけた話だが、このやり方で世界の作物を牛耳ろうとしている。
それは、同時に農薬類の専売体制も目指す事に成っている。
と書いています。


日本有機農業研究会の記事を見たら、

日本は、輸入国としては最も多くの組み換え作物を認可し輸入している
なんてことが書かれていて、ええええ~~とびっくり。

荷揚げ埠頭などで組み換え作物のこぼれ種が自生を始めているそうです。
そして、そういう作物を乗せた運送中のトラックからのこぼれ種が
道路沿いに自生してしまって問題になっているということです。

農地の作物が、道端に自生している遺伝子組み換え菜種と交雑して汚染される可能性があり
気付かずに種苗交換会などで種を普及させた場合、さらに組み換え遺伝子を広げてしまう。

この方は、この記事の前年、遺伝子組み換えの菜種が自生していることを知り、
菜種の種まきを断念したそうで、
「農民が自家採種をできなくなるのは、権利の侵害であり、絶対に許されることではない」
とおっしゃっています。


申請を認めてしまうと、こぼれ種だけでなく、
自然交配の心配がもっと増え、自家採取の種が使えないというか
できなくなってしまうということだ。
さらに、始めの裁判のように、まるで、あたり屋のようなやり方で、
農家が訴えられてしまうなんてことも起こりえる。。

農家の人たちは、草取りしなくて済むから賛成なのかなぁなんて
書いてしまったけど、上の記事からも、そして
こちらの、なんだかなごんでしまう、ブログからも
農家さんは皆で反対運動してきたってことがわかり、ごめんなさい。。


この方の言葉を借りて、いま一度。

遺伝子は住環境、食、気持ぢ、色んた作用で変化するってどっかで見だ。
オラだば本当でねぇがど思う。
でねぇば生物が環境さ適応して、進化でぎねぇ。

まんず、遺伝子組み換え嫌だなぁど思ったら、自分の意思表示した方が良いど。

遺伝子組み換えパブコメ

原子力もだたって、本当にこの国は狂ってらど。
皆が無関心だば、どんどん悪化して戻れねぐなってまるど。
最後は自分が困って絶望だ。


詳しくはと、郵送FAXの場合はこちらから
パブコメ(パブリックコメント)よろしくです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-05-31 15:29 | 食べかけじゃない話
2011年 05月 29日

遺伝子組換え農作物 承認申請を止めよう!

農水省が、遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの
第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集(パブリックコメント)
を実施しています。6月21日(火曜日)まで。

-----------------------------------------------------
農林水産省は、遺伝子組換え農作物の隔離ほ場での栽培や、
食用又は飼料用のための使用等に関する承認申請
(セイヨウナタネ1件、トウモロコシ2件及びワタ1件)を受け、
生物多様性影響評価を行いました。
学識経験者からは、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得ました。
これらの結果に基づいて生物多様性影響が生ずるおそれはないと判断しました。
(農水省サイトより)
------------------------------------------------------------------


生物多様性に影響ないなんて、簡単に断言できるんだろか?
何十年先のことなんか、わからないことの方が多いはずなのに。
何年調べたんだ?
影響ないと言う学者を集めたとしか思えないぃ。

だいだい、その遺伝子操作、何のためのかというと
害虫への抵抗性と除草剤に対する耐性。

虫が食べれない作物を人間が食べても大丈夫なのか、
虫並みの反応示す私は、そっちも気になるけど、

除草剤って。
その除草剤の方が生物多様性に影響あるんじゃないだろか?
草が枯れるんだ。
虫だって死ぬだろうし。
除草剤が流れた水の中の生き物はどうなの?
そして人間の私が、除草剤に反応して具合が悪くなります。(;_;)

そういう除草剤に耐性のある種を認めるということは
これまでは、たくさん使うと、栽培作物自体が枯れてしまうから
少なく使っていた除草剤を、いっぱい使えるようにしてしまうということだ。

たとえ出来た遺伝子組み換え作物が、
人の健康や、他の生き物に全く影響がないとしても
大量に使えるようになった除草剤によって、
作る農家の人や、近隣に住む人の健康を害し、
多分作物に残留する除草剤によって、食べる人の健康を害することになるだろし、
環境に飛んだり流れる除草剤は、他の生物や植物にも影響を及ぼすと思う。

人間が生きるのに必要な食べるものを作るために
おかしなことして、自分達を生きにくくするばかりでなく
他の生き物や植物、自然環境まで侵していいわけない。


そして、こんなことが、知らぬ間に決まって
進められていってしまうのは大問題。
いつも有益な情報頂くブログで知ったけど、
こんなの、ニュースでやらないもの。
パブリックコメント募集してたって、相当アンテナ張ってないと
普通に生活してたら耳に入らない。
今ある困った "決まり" は、
そうやって一部の人の都合で知らぬ間に決まってしまったのでしょ?

日本農業新聞てのには、コメント募集してる記事があるけど
このことに対して、、有機や自然農法でやってる意外の農家の方たちは、
草取りしなくて済んだり、虫付きにくく栽培しやすい便利な作物ってことで
承認賛成なのかなあ。。

農林水産省及び環境省では、今後、ご提出いただいた意見・情報を考慮した上で、
本件の承認を判断することとしております。
って書いてあります。

こうして私なんかの耳にもは入りやすくなったのはいいこと。
こんなの認められたら困ること。
なんとしても止めてもらわなくては。


ブログの方によると、
「これを認めてしまうと他の作物への影響もさることながら、
自家採取の種を使えなくなることにつながる危険性もある」ということです。

何で使えなくなっちゃうのかわからないけど
うちの畑も、自家採取の種けっこう使ってるので、使えないのは困ります。
何でなのかは勉強するとして、まずはコメント送るぞ。
みなさんもよろしくです。

↓ こちらから。 郵便・FAXでも可能
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110523.html


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-05-29 15:25 | 食べかけじゃない話
2011年 05月 22日

なんでやんないのさNHK('へ') なのでネットで必見。

小出裕章さんも招かれている

5月23日(月)参議院・行政監視委員会
「原発事故と行政監視システムの在り方」

小出裕章さん(京都大学原子炉実験所)
後藤政志さん(元東芝、原子炉格納容器設計者)
石橋克彦さん(神戸大学・地震学・原発震災)
孫正義さん(東日本ソーラーベルト構想)


NHKでは中継放送しないそう。
沢山要望の電話いってるはずなのにぃ~ (`へ')
ひどい国営放送だー


インターネット中継は
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

何をお話しされるのか、楽しみです。

この中のどなたかが
昨日4号機から、煙が上がったことや、
また、それに関して何も報道されないことに、触れてくれるだろか。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-05-22 23:09 | 食べかけじゃない話
2011年 05月 18日

和紙の畳~緑の畳と茶色の畳~

f0176752_1802979.jpg



























先日、やっと張り替えることになったと書いた畳。
張り替えました。しかも2回。
もちろん、1回の予定だったのですが、、、

張替完了して、ベットや机を戻して、ふ~っと座った瞬間

ああぁぁぁぁ~~~~~違ったぁぁぁあ゛あ゛~~~ あ゛~~
やっぱりあっちだった…

ものっすごい後悔。

新しい緑の畳の色に、すごい違和感で落ち着かず、
何か、人生における、取り返しのつかない大変な失敗をしてしまったような、、、
綺麗になったのに、ものすごい憂鬱な気分。ううう~~~~

ということで、もいっかい張り替えることにしたんです。
まあ、その経過のいろいろは省略しまして、
緑の畳は、ちょうど替え時になっていた、兄の家の畳として
喜んで使ってもらえることになり、無駄にならず一安心。

新しい畳表の緑色じゃなくて、時がたった茶(ベージュ)色に再び張り替えました。
2つの違い ↓

f0176752_1818620.jpgf0176752_18182653.jpg
f0176752_18331092.jpg
f0176752_18325385.jpg

























この和紙の畳、前にも書いたけど、無農薬の畳もNGな私でも
大丈夫そうで張り替え決めたものでした。
とはいえ、やはり実際張り替えて大丈夫か少し不安はありました。

そして、どうだったかというと、なんかどうも微妙に反応している感じで
オーリングテストでチェックするのだけど、NGになったり、大丈夫そうだったり
なんかいまいち正確にテスト出来ない感じで、ん~~~。
でもやっぱり、呼吸がしにくかったり、過敏が出やすくなったり
気管が変になり夜中目が覚めたり、、、何かおかしい。

テストに影響してそうなものを避けたり、よく確認して、どうやら、やっぱりNGみたい。
もっと詳しくテストしていくと、都合いいことに!?
緑はNGだけど、茶なら大丈夫そう。
どうも緑の染料がまずいという反応。

茶が◎でも×でも、もう前の畳はないのだから、戻すことはできず
茶が大丈夫であるように望みをかけて張り替え待ちました。

で、先日土曜に張り替えたのですが、
気持ちの問題だと言われそうだけど、呼吸がフと楽になり
気管がおかしくなる緊張感もなくなりました。

そして何より、部屋に座った時の、落ち着きが違う(@v@)
はぁぁぁ~~~~~~~
ほんとに張り替えて良かったぁぁぁぁ (; v ;) と思いました。

緑と茶、ほんとに反応違うんだろかと、試しに、2つをこうして↓ 

f0176752_19491718.jpg














どっちを持ったかわからないようにしてオーリングテストしたところ、
緑はオープン(×)茶はクローズ(◎)
サンプルでテストした時は緑も◎だったのだけど
しばらく接触して感じや許容量がわかったからなのか??
2つを比べると、違いがテストにも現れるのでした。

診てもらっている、オーリングテスト教わった先生にも、試してもらったところ
やはり緑の方が×でした。

こういうの、始めから、慎重にちゃんとテストできるようにしないとな。


緑色って、植物染料では、確かないんだったか、出しにくいかで
青(藍)と黄色を染め重ねて出してるはず。
緑の葉っぱでも、だいたい茶系になるんです。
この畳は、植物染料じゃないだろけど、化学染料でも緑の方がケミカル度?高いのかな。
どんな染料使ってるのか、作ってるダイケンに聞いてみよかしら。


ところで、木造家屋の場合、床に隙間あるので 畳の下に、普通新聞を敷きますが
私は、新聞は反応して使えないので、前回張り替えの時は何も敷きませんでした。
だからなのか?冬は意外と畳の間から冷たい空気が入ってくるのがわかります。

なので回は、障子紙を敷きました。
パルプのはダメそうで、和紙ならオッケーなのだけど、
手すき和紙は高いし、機械すきの和紙は大丈夫そうだけど、それより
こちら ↓ の光触媒の方がいい反応だったので、これにしました。

f0176752_18294121.jpg
f0176752_18222086.jpg

















今年の冬は、隙間風なくちょっとあったかくなるかな~

次は、これまたもうだいぶ汚れな襖を張り替えたいです。
もうちょっと畳に慣れてからかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-05-18 19:57 | 食べかけじゃない話
2011年 05月 05日

~田植え前、除草剤注意報~

私の住んでいる辺りでは、
連休前に田植えが終わってしまうところもあるのだけど、
今年は例年よりちょっと遅いです。
ようやく田んぼに水が入り、カエルケコケコなきだしました。

震災のこと書いてたら、田植え前、田起こしの時から、除草剤注意!を
書くのが遅れていました。
さすがに田起こしは、もう全国的に終わってるとこが多いですよね。(×へ×)


多くの田んぼは、田起こしの時にも除草剤を散布するそうです。
そして、田に水が入り、代かき後、
除草剤をいれるところが多いそうです。
関東ではまさに今。
CSの方は(そうでない人も)注意して下さい。

田植えの後も、散布されるので
しばらくは除草剤注意です。

以前にも書きましたが
隣接する田でも、どのタイミングで散布するかは、
持ち主によって違うので、いつまいているのかわからず、
そして除草剤だけでなく、稲の病気対策や害虫予防&駆除のため
農薬も数回散布するので、
田んぼの近くはず~っと要注意ということですね。(;_;)

私にとっては、大変恐ろしい、農薬散布時期の説明を
とても丁寧にしてくれている方がいらしたので
リンクさせて頂きました。 → 農薬散布

「実際、農薬散布をしたあとで中毒死した人もいるらしい」とも書いてあり
死までに至らなくても、やはり、直接農薬に触れる、
お米を作ってくれている農家の方の健康が心配になります。

2000年とだいぶ前のものだけど、こちらも興味深い。
今もあることなんだろか。。→ お米屋さん


ちなみに私は、田おこしや代かきが始まると、
家から田んぼが見えるわけじゃないのだけど、
な~んか、どぶ臭いような、たい肥をまいたようなの臭いが漂ってきて
ちょっと反応します。
除草剤も入ってるから反応するのか?
その臭いのもとの、土の何やらで反応するのかは不明。。


でもカエルケコケコになると、やっぱり
あ~いい季節になってきたな~と思います。

田植え済んで、ちょっと苗伸びて風に揺れる黄緑の田も綺麗です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-05-05 20:35 | 食べかけじゃない話
2011年 04月 29日

和紙の畳

f0176752_22563392.jpg





















痛んでスリスリになっている畳 ↑ を
やっと張替することになりました。

今使っているスリスリ畳は、過敏症になって2年くらいの頃貼り替えたもの。
すでに1度裏返して使っていたので、父の部屋の畳を替える際、
その畳を、裏返して使ってもらったものです。
だから、もう裏返して使う事は出来ず、でも、普通の畳は、
染めてあったり、防虫加工してあったりで使えないので
痛み激しくなってきて、どうしたもんかと思っていました。

無農薬の畳も、探したらあったのだけど、
モニター上でオーリングテストしてみたら、どうも×。
きっとイグサの香りが強いからだろうと
無農薬畳をしばらく干して、、、とイメージしても×。
だいぶ過敏度下がって、いろんなものが反応出ないで
大丈夫になっているのだけど、
イグサの畳表は、無農薬でも私にはNGらしく断念。('へ')

もっと過敏度下がってからじゃないとダメか~と思っていたのだけど
畳屋さんに相談したら、アレルギーの人でも使えたという畳のサンプルを
持ってきて下さり、

それが多分コレ
http://www.tatamilife.com/seihin/s_1_2.html

オーリングテストしたところ◎まる。
触ってみて臭いかいでみても、いやな感じはなく。

原料となる和紙を筒状の糸にして、耐久加工したものを編み上げたもの。
和紙に特別な加工をし施してあり、F☆☆☆☆なので、
すなわち、ホルムアルデヒドはあるってことなのだけど
今の私の過敏度では、大丈夫そうな反応です。

じゃあ、もう少し暖かくなったら…と予定していた畳の張り替え
震災、その他もろもろで、のびのびになっていたけど
いよいよ明日、張り替えま~す。
ちょっとドキドキ。


↓ こんななので、繊維質な服着てると擦り切れた畳が、いっぱいくっついちゃいます。(笑)

f0176752_238229.jpg















CS支援センターの会報に、以前から「ニオイのない畳」の広告があって
イメージでオーリングしたら×で、見切っていたのだけど、
畳表は新素材を使用というのは、これのことなんだろか?
ポリエステル繊維のボードを除いて、畳表だけでオーリングしたら◎だったのか?
広告には畳表の説明がないので、わかりません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2011-04-29 23:23 | 食べかけじゃない話
2010年 12月 31日

Organic of the Year 2010

毎年、発表が遅くなってしまっている
Organic of the Year

あと数時間で2010年も終わりですが
なんとか今年のうちにUP完了~

意識したわけではないのだけど
今年の受賞は
オーガニックを選ぶことが
環境問題の改善とつながってるのが
あらためて感じられるものとなりました。

見てみて下さ~い。

Organic of the Year 2010


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


by tabekakemaria | 2010-12-31 21:11 | 食べかけじゃない話