2011年 08月 29日

原坊の朝顔

f0176752_16575284.jpg





















青い朝顔が見たくて、種を探していたら、わりと理想に近い色のがあって
それが、コレ。サザンオールスターズの、桑田夫妻が広めたという「原坊の朝顔」
送料だけでわけて頂けるということで、これにしてみよう~と、
蒔き時ギリギリに、種をお願いしたたのでした。

猛暑の時は、葉っぱがヘニョヘニョになったりもしてましたが
少し涼しくなってきて、花を次々咲かせています。
朝顔って実は、秋の花なんですよね。

笹?の支柱じゃ間に合わなくなって、急遽、家にあったネットをつけたので
網目が細かすぎて、からみにくそうです。(^^;)

f0176752_16583730.jpg





























始め花が、ちょっとしか咲かず、しかも、写真で見たより、だいぶ紫で、
私が見たかったのと違う~~~(;_;)
と、ややがっかりしたのだけど、、、↓こんな色

f0176752_1753674.jpg





















いつの間にか、理想に近い青い色に。
よく見るとグラデーションがとても綺麗。
花径5~6㎝くらいの、ちょっと小さいかわいい花です。(^-^)

f0176752_1755022.jpg





















「『原坊の朝顔』のストーリーのページ」というのがあったので→コチラ

別のサイトによると、、、
ファンの間では、「この朝顔を育てた年に子宝に恵まれた」などのエピソードも多く、
「幸せを呼ぶ朝顔」とのジンクスもあります。
とか。。



土をかけすぎたらしく、発芽が遅れた、おじぎ草は、いまだ花芽がつかず。
今年はかわいい花が見られないかもしれないなぁ。。。

f0176752_16585165.jpg















にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


# by tabekakemaria | 2011-08-29 18:01 | 食べかけじゃない話
2011年 08月 21日

9月販売 カード型放射線検知器!? しかも一万円以下。

こりはすごい~~~~

http://blogs.yahoo.co.jp/kusabibibi/5566209.html

と思ったけど、コレはどのくらいの数値まで検知して青くなるんだろう。
それによって、ほんとにすごいか変わるよな~

暫定基準値くらいで青くなるんだったら
あんまし意味ないですものねえ。

しばらく様子をみてからの購入がいいかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


# by tabekakemaria | 2011-08-21 18:09 | 震災・原発関係
2011年 08月 21日

首都圏土壌汚染調査

UPしたいことが、食べかけも、食べかけじゃない話も
いろいろあるのだけど
過敏反応出やすかったり、息苦しかったりすると
なかなかできずで遅れております。。

まずはコレ。

放射能防御プロジェクトによる
首都圏の土壌検査の結果が公開されています。


全国土壌調査プロジェクトの第1回として、首都圏約150カ所で、
放射性物質の降下による土壌汚染調査をおこないました。
これまで放射性物質の拡散状況の調査は、国や自治体なども個別にしかおこなっておらず、
東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城の首都圏全域で統一的に実施されたのは初めてのことです。
今回、土壌調査プロジェクトに参加した市民の皆さんがそれぞれの場所で土壌を採取し、
同一の分析機関で 核種検査(ヨウ素131、セシウム134、セシウム137)をおこないました。
その結果、放射性物質がどれだけ多く首都圏にも降り注いでいるかが明らかになりました。
調査結果の極めて高い数字は、都内でも高濃度に汚染されたホットスポットが
存在することを裏づけています。
今後、土壌調査は日本全国に広げていきます。
そして、放射能被害を防ぐための具体的な提案をおこなっていきます。

土壌汚染調査結果はこちら
西日本の土壌汚染も現在調査中だそうです。


放射能防御プロジェクト「首都圏 放射能土壌調査」記者会見 ustream

ニコ生は最後まで全部見れます↓

首都圏150ヶ所 放射能土壌​調査会見

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

会見後の質疑の中で

*暫定基準値についての話があったのですが、

今のICRPの基準はWHO基準。
WHOの基準を作る際にICRPの基準を使った。
危機時と平時で分けている。
危機時、1年を目途に基準値を緩和すること認めている。
一昨年までそうだったが、去年から1年という基準を、
「その地域が問題が収束したと判断するまで」と変わっている。

と。。。
いつまで暫定基準だよーとか思っていたのだけど、
厚生労働省とか農水省とか政府は当然知ってるはずということで
暫定基準値は、困ったことに当分今のままということらしいです。('3')


*国への対策を求める際の紀藤弁護士によるアドバイスの中で

------------------
規制値以下でも、有意な差はないと言われていても
不安は人として生きる以上当然の気持ちだと思う。
そういう気持ちを大切にする発想。

そしてこのことは有意な問題じゃないんだと言う事。
有意な基準であると科学的な基準ということになって
どうしてもそのドグマから抜けられない。政府も医者も我々も。

有意な差が出なくて不安を感じることに関して
法的に慰謝料がたつような発想
例えば牛乳が200ベクレルの時198ベクレルの牛乳を飲みたいか
と言われたら、やっぱり不安に思う人がいる。
牛乳に最初からベクレル値が書いてあれば、
コレ買う人と買わない人に分かれるわけですね。水も同じ。

食品添加物は現にそうなっている
国の基準により、コレは使っていいとか量も決められている。
それを書いて、食品添加物を使っているものを選択する人と
そうでない人に分かれる。
それと同じようなことあっていい。

食品添加物は、そもそも有意じゃなくても表示している。
食の安心安全のために。
安全って客観的なものじゃなくて安心を入れている。
心の問題も入れてるからこそ表示がある。
------------------

という話があり、全く正当な考えかたで
何で、行政は、あたりまえのこういうことができないのか
わざわざ市民が、こんな簡単なことを言いに行かなきゃいけないのかと
あらためて行政の怠慢にむかついてしまいました。(`ヘ´)


*そしてもう一つ
私は、この行政が当然すべき調査が有効に生かされるためには
農産物を販売する際に、県名だけでなく、何県何市産なのかの
表示が絶対に必要だと思いました。

私は化学物質過敏症で、家の畑で穫れる葉物野菜も、何度も洗って
浸け置きしないと過敏反応が出ます。
私の住んでいる場所の調査はなかったですが、ホットスポットとなっている
近くの市の数値から、私の住んでいる所も、柏などに近いレベルと思わます。
調査の数値を参考にすると、他の地域で取れた野菜を食べることが
可能かどうか判断することができます。
これは、私のような者だけでなく、他の人も
大人か子供か、年齢によってなど、人それぞれ違う基準で、
どのくらいのレベルまで許すか判断して野菜など購入するのだから
それぞれの、地域の土壌のレベルができればもっと細かくわかり、
野菜の産地も細かくわかればすごく有効に活用できると思うのです。
もちろん店頭に並ぶもの全て、どれだけの放射性物質があるのか
わかればいいのですが。。
(これに関して何やらすごいものができ、近々販売されるらしいです。その話はこっち*


そして、調査場所に、「畑」がなかったですが
土、芝生、草地よりさらに溜まりいやすそうに思える畑での調査も
あるといい(必要)と思いました。
農協や農家の協力が得にくいければ、我が家のように、
家庭でやっている畑での調査でも、それをもとに、市場に出回る
野菜を作っている農家の土壌の状況も予測ができ参考になるのではと思いました。



*行政に土壌調査を行わせること要望しないほうがいいのでは
と質問している人がいましたが
私も同じように思いました。
国もやって、市民も市民でやって裏をとるのでは
その費用は税金と市民個人とで2重にかかるということで
信用できない国にやらせるのは、無駄なような。。
お話されているように、市民調査の費用を東電が払ってくれるならいいけど。


プロジェクトメンバー川根さんの話では

行政が測ると 非常に低い数値
現在小中学校の校庭やプール公園数値測った場合
非常に低い数値次々出ている。
6か所7か所測っているが、一番低数値を出していると疑っている。

ということです。

川根さんは、さいたま市の中学校で3月14日以降測っているけど、
知らないうちに、さいたま市の当局がやってきて
非常に低い数値出していったそうです。
出した結果は1か所で、どこという表示はない。

国に測らすことはいいと思うが、必ず市民の同席。目の前では測る。
最高値と最低値はどこか測るという事をやるべき。

現在全国関東地方で行われている測定結果については
非常に大きな疑いがあり、、
欧州 委員会のクリスワズビー氏も
4か所測ったら一番低いところしか彼らは公表しないと言っている。

行政が発表している数値信じず、
目の前で一緒に同席して測った数値のみを真実の値として
またそういったことを行政側に要求することによって行政側にやらせていくべき。

ということでした。
確かに市民がやるだけでは、国は認めてないことになり
せっかくの調査結果が有効に利用されないことになるので
やはり、市民が監視して行政がやるというのがいいのですね。


放射能防御プロジェクトのHP
http://www.radiationdefense.jp/


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


# by tabekakemaria | 2011-08-21 18:05 | 震災・原発関係
2011年 08月 14日

やっと梅干しできました~

f0176752_1195416.jpg





















赤紫蘇が大きくならず、紫蘇漬け込んだのが土用の前日と
遅れていた梅干し作りですが、
猛暑が戻ってきて、8/9~11やっと、梅、干せました。
悪天候のおかげで!?
多分なかなか干せないでいるだろう皆さんに追いつけた感じです。

f0176752_1110559.jpg




















↑ 今年は12キロ。
並べきらないので、紫蘇分けて、並べ直し~ ↓ まだきゅうくつだけど…

f0176752_11103393.jpg
















干し始め
f0176752_11101636.jpg
















3日目
黒い雲が出てきて雨降ってきそう~と、2時頃、干し終了にしました。
まだあったかい梅干しです。

f0176752_11104772.jpg















今年は、梅のできがいまいちだったということで、
こんな風になっちゃう、かわいそうな梅も、けっこうありましたぁ~~(>~<)

f0176752_11105872.jpg
















でも今年も、ふっくら柔らかい、いい梅干ができました。
途中で塩を足さなきゃいけないようなことがなかったのと、
紫蘇をもむ時、塩ちゃんと計らなかったので、少なめだったのか?
あんまりしょっぱくない、なんかちょっとマイルドな?いい感じの梅干になりました。
おいしいですっ!

今年の記念撮影は、めでたい紅白梅干し。(^-^)
梅酢いれてから、全然樽をゆすったりもしなかったので、色がね、、まだらなんです。(笑)

前から参考にしているい、4畳半の人によると、
東京とか夜露が降りる程夜気温が下がらない所は、
夜は梅酢に戻した方がいいみたいなので、来年は夜はそうしようかな。
私の住んでるところも、以前は夜もっと涼しくなったと思うのだけど、
今は、梅干すには最適な、猛暑の日なんかは特に
夜になっても暑いままですからねえ。
そういえば、去年も、まだらで、1日目は、梅酢に戻して、色つけたんだったな~。。。


んん~おいしそうだぁ~~  おいしのだ~~

f0176752_11111997.jpg





















にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ


# by tabekakemaria | 2011-08-14 12:11 | 梅干し日記
2011年 08月 12日

天然住宅メルマガからもうひとつ。化学物質過敏症のこと。

「化学物質過敏症知ってね映画祭」のことが書かれている
天然住宅の7/12のこちらのブログも良かったです。
是非ご覧ください。

http://tennenjutaku.seesaa.net/article/214455869.html

抜粋-----------------------------------------------------------------

化学物質過敏症になる最も多い原因は、新築・改築です。

人は1日で、食べ物・飲み物の5.5倍の‘重さ’の空気を体に取り込んでいます。
その中でも大半の時間を過ごす家は、良い空気でなければいけません。
ところが、現在ほとんどのハウスメーカーが建てる家は化学物質だらけで、
CSの方は住めません。

CSの方には是非、天然住宅を知っていただき、
化学物質を含まない住宅に住んでいただきたいと切に願います。

一方で、一度化学物質過敏症になってしまうと、化学物質を含まない
杉やヒノキの無垢の木材にも反応してしまう方もいらっしゃいます。
木材特有のニオイがダメなんだそうです。

だから一番重要なのは、過敏症になる前に健康な住まいに住むことです。
今回のイベントで、一人でも多くの方に知っていただけたら幸いです。
-----------------------------------------------------------------


本当にそうです。
だからこそ、不健康そうば仮設住宅でなく
過敏症なんかにならないような、住宅を被災地に…と思います。

今、日本で急速に広まっているネオニコチノイド系の農薬の危険性を報告する映画
「ミツバチからのメッセージ」の解説も良かったです。


-----------------------------------------------------------------

この農薬はまだ日本に来たばかりです。まだ症例も新しいし、
本当の被害は10年後かそれ以降に初めて顕在化します。
加えて、発症者の数が明らかに増えたとしても、
その因果関係は証明することは容易ではありません。

その証明をもって、初めて正とするのではなく、
我々はそろそろ学ばなくてはなりません。
放射能、地球温暖化、化学物質過敏症・・・事が起こってからでは遅いのです。

我々が採用すべき基準、それは「予防原則」です。

証明を待つのではなく、現象が起こった時点で対処しなければいけない。
自分や家族を守る行動を、声をあげることをしていくことが必要です。


最後のビデオレターにとても良いものがありました。
化学物質過敏症を専門に扱っているクリニックの先生の話です。

その中で、CSではない方々へCSにならないようにアドバイスはありますか?
という問いに対し、

「CSの方が嫌がるものを避けて、いいものを選んでもらってください。
彼ら彼女らの生活を真似すれば自ずと自分を守ることになります。」というのです。

確かに、見方を変えれば過敏症は特殊能力に近い。
放射能も感じているという方もいらっしゃいます。
電話がかかってくる前に、それがわかるという方もいらっしゃいます。
彼らが嫌がるものは我々も潜在的に受け入れないもの。
受け入れるものは我々が欲するものです。

CSの方は、我々に警鐘を鳴らすだけではなく、行動を規定してくれる。
まさに予防原則の体現者、この危険性にあふれる世の中にあって、
救世主なのかもしれないのです。
-----------------------------------------------------------------


みんなが、こんな風に思ってくれると、もっと生きやすいのだけどなあ。。
でも、実際には家族に理解してもらうのもなかなか難しかったりします。

何をするときも常に、
今ここの空気をすっていて大丈夫か?
これを食べて大丈夫か?
このかすかに感じる臭いは何だ?
そんな心配をしなくていい人は
今の世の中で普通にある便利や、普通~にしている生活や食を
見直す必要があるかも…なんて、考えないでしょうから。

私は、だいぶ過敏度が下がって、以前のように、
怯えるくらいに心配するようなことはなくなっていますが
今は、↑の心配に、新たに放射能の心配が加わり、
コレは、臭いも全くないため、とてもわかりにくく困ります。
食べ物に含まれているわずかな(ほんとにわずかなのか?)放射性物質にもやはり
過敏反応が出ます。しかもただちに。

将来の影響はわからないけど、
今出る放射能による反応より、農薬や、除草剤や合成洗剤や柔軟剤の臭い
その他アレやコレやソレの方が、反応激しかったですが。。

ぜひ、この点を考えて、日ごろ使っているもの、食べているものについて
放射能と同じように、気にしたり、疑ったりしてみてください。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


# by tabekakemaria | 2011-08-12 01:58 | 食べかけじゃない話